今から書く事はあくまで自分の考えです
麻雀はみんなが違う考えをもってるゲームです
かならずしも これが正解でこれが不正解とかはないです

さて 本題に入ろうと思います
1、特上にあがるためには
よく上卓から抜け出せないって人をよく見ます
では なぜ抜け出せないのか
1牌効率
2押し引き判断
3リーチ判断
4点棒状況
53位でも我慢する精神力
このどれかが欠けてると思います
それでは1の牌効率から説明します
(ある程度は牌効率について知ってるという条件で話します)

344568m 上卓でこの形から8mを切り落としていく人をよく見かけます
一応これは7mの受けもあるからこいう形で8mを落とすのはだめです
たしかにリーチがかかったら怖いし 安牌と交換したいって気持ちもわかりますが
もしこれで7mひいてきたときかなりのロスになります

次に 4556 この形について説明します
この4556って形は3467どこが来てもリャンメンになる形です
ほかのカンチャンやペンチャン残すよりもこっちを残したほうがいい形になります
特に打点がほしいときには4556みたいな形を残したほうが得ですね
この形は自分の点棒や他家の速さによって変えていけばいいと思います
かならずしも ペンチャンやカンチャンよりこっちのうが得ってことはないので

次に 12m 13p ペンチャンとカンチャンについて説明します
ペンチャンとカンチャンってどっち取ったほうがいいのかって聞かれます
たしかにそれは牌の枚数にもよりますが カンチャンを取ったほうが得です
ペンチャンは 一つしか待がないですが
カンチャンは手替わりがあるので リャンメンやリャンカンになることがあります
だから ペンチャンを取るよりカンチャンを取ったほうが得です
まあ 素直にペンチャンもカンチャンもはまればなんでもいいですが
ターツオーバーした時どっちを取るかって場合にカンチャンを取ったほうが得って話です
あとは牌の枚数で見えてる牌の枚数で決めるって感じですかね

牌効率でこいう場合はどうしたらいいかって質問があるならコメントしてください
答えます

それでは次に行きます 2押し引き判断
押し引き判断は人それぞれなのでここらへんは本当に考えが違ってくると思います
あくまで自分の考えです
基本自分は満貫以上なら押します
多少他家の危険な牌を掴んでも 押せそうなら押します
だが これは絶対切れないという牌を引いたら降ります
そういう牌を引いてきたらベタオリです
流局しそうで形式聴牌がとれるなら取ります
それはあくまで安全な牌がある場合のみです
次局があるのに無理して上がりを目指そうとして振り込んだら
マイナスしか残らないので 次局があるときは無理しないほうがいいです
それがたとえ満貫手でも 振り込んだら終わりです
次に降りる基準を説明します
1先制リーチがかかってきた時
2二副露されてる時
3親の役鳴き
4親リーチ
5ドラ3が見てる時
6中盤から終盤にかけて赤もドラも見えてない時
7中盤でまだ手が3シャンテンの時
自分はこう言った場合の時降りてます
でも点棒の状況とかでは変わってきます
オーラスでラス目だったら全ツしますし
色んな状況で変わります
次局があるなら打点がある時は押せ
だけど リーチや二副露とかが入った場合で
危険牌を掴んだら降りろって感じですね
押し引きの説明難しいので こいう場合は押したほうがいいの?引いたほうがいいの?
ってのがあればコメントしてください 答えます
あとは河で相手が聴牌してるかどうかを読んで押すか引くかって感じですかね
河の読みは特上編で書きます

345はいつか書きます
疲れたので今日はここまで
自分の細かい考えも聞きたいって時はスカイプ送ってください
ID garikuson_mariokart までお願いします
結構大雑把になりましたがすみません
麻雀は毎回同じ展開がくるってのはないので
その場その場で色々変わってきます
あくまで自分の中での基本を少し書きました
文字で伝えるの苦手なので変なところがあったらすみません
お疲れ様です